オリジナルエコバッグを作る際のデザインのポイント

エコバッグ1

環境保全のための取り組みが、多くの企業でもおこなわれています。一般市民でも簡単にできるのがエコバッグの使用で、誰でも簡単に始められる環境保全対策です。企業が会社の販促用グッズとしてエコバッグを作ることも可能で、環境に配慮している企業として消費者にアピールできます。

ここでは、企業が専門のお店に依頼してオリジナルエコバッグを作成する際の、デザインのポイントについて詳しく紹介します。

環境にやさしい素材とデザイン

オリジナルエコバッグのデザインを決めるうえで重要になるのが、環境に配慮しているということをわかるようにすることです。

特に企業が販促用のグッズとしてエコバッグを作る場合には、バッグの素材にも環境にやさしいものを選んだほうがイメージが良くなります。環境に配慮したエコバッグの素材として代表的なものが、リサイクル製品から作られた繊維です。

使用済みのペットボトルを使用して作られた合成繊維もあり、環境を保全するためのエコバッグにはぴったりの素材です。リサイクル繊維を使用してエコバッグをデザインする場合には、リサイクル素材を使用しているということを、表面にわかりやすく記載する方法もあります。

リサイクル素材を使って作られたエコバッグであることが、ノベルティをもらった消費者に理解してもらえれば、企業のさらなるイメージアップにつながります。リサイクル素材を使用していることを表記する部分と、それを頒布している企業の社名やマークなどを近い場所に配置することで、環境保全と企業の結びつきが強いことをアピールできるでしょう。

エコバッグのデザインの重要な要素であるサイズ

オリジナルエコバッグのデザインを決める場合には、バッグのサイズも重要な要素です。企業がノベルティグッズとしてエコバッグを作る場合には、バッグを一つ作るために必要になるコストも計算しておいたほうが最適です。

できるだけコストをかけずに一枚のエコバッグを作成することで、多くの人に頒布することができるため、効果的な宣伝ができます。コストをかけないようにしてエコバッグを作成するためには、一つ一つのエコバッグのサイズを小さくするのが、一番簡単な方法です。

小型のエコバッグならば、ほかの大きなバッグの中に入れることもできるので、気軽に持ち運びができる便利さもあります。使いやすさを重視するならば、サイズを大きめにデザインする方法もあります。エコバッグは普段の買い物にも使用されることが多いことから、量がたっぷり入るデザインのほうが、スーパーでたくさん買い物をした場合にも、使いやすくなります。

サイズが大きければ、一枚のエコバッグに買ったものを全て入れることも可能になるため、何枚もエコバッグを持ち歩かなくて良いので便利です。

オリジナルエコバッグのデザインに使われる色

エコバッグ7

使用する色も、エコバッグのデザインを決める際には検討したほうが良いポイントです。自分で好きな色を決めることができるのがオリジナルエコバッグならではの魅力。企業が販促用に作成する場合には、どのような色を使うかによって、もらう人のイメージも変わってきます。

女性を主な対象にしている商品のノベルティならば、オリジナルエコバッグに使う色も、女性が好むようなものにしたほうが効果的でしょう。

女性が使用するということを前提にイメージしてデザインしておくことで、色に合わせたかわいらしいエコバッグにすることも可能です。

これなら、受け取った相手にも喜んでもらえますね。男性向け商品のノベルティとしてエコバッグを作成する場合には、男性が使ってもおかしくないようなデザインを採用する必要があります。女性向けのもののように、かわいらしさを前面に押し出したデザインだと、男性が使いにくくなってしまう場合があるので、シンプルなデザインのもののほうが喜ばれます。

白や黒一色のエコバッグなども、男性には使いやすいデザインです。

ポケットのついたエコバッグのデザイン

エコバッグ8

オリジナルエコバッグを作成する場合には、各種の機能を取り入れたデザインを採用することもできます。バッグにさまざまな機能がつけられていれば、もらった人もさらに使いやすくなります。利便性を向上させるためにつけられるのがポケットで、バッグに小さなものを入れられるポケットをつけておけば、使う人にとっても便利なエコバッグとなるでしょう。

エコバッグの外側にポケットをつけるデザインにすれば、よく使用するものを収納しておけるため、使いたい時に簡単に取り出せるメリットがあります。ポケットをエコバッグの内側につけるデザインも使いやすく、特に大き目のデザインのエコバッグの場合には、ポケットがついていると使いやすくなります。

ポケットがないタイプのものだと、ものをたくさん詰めすぎた場合、どこに何があるのかわかりにくくなりますが、内側にポケットがあれば、中のものが整理しやすくなるからです。エコバッグに貴重品を入れて持ち歩く場合にも、バッグの内側に収納できるポケットがあれば、どこにしまったかを覚えておきやすいので便利ですね。

ファスナーやボタンを取り入れたエコバッグのデザイン

デザインにこだわることで、もらった人がさらに使いやすいエコバッグにできます。エコバッグを使いやすくするためには、中に入れたものがしっかりと収納できるようなデザインにすることが大切ですが、バッグの外側にファスナーをつけておけば、中に入れたものを安全に持ち運べるので便利ですね。

ファスナーをしっかりとしめておけば、中のものが動いたはずみで外に落ちることもないので、より安全なエコバッグをデザインするためには欠かせない機能です。ファスナーをエコバックにつける場合には予算がかかりますが、コストをかけずに安全性を高めることができるのがボタンです。

ボタンをつけて開閉できるようなデザインにすることで、中に入れたものを外に出にくくできます。ボタンは簡単に開け閉めできるので、誰にでも使いやすいというメリットもあります。ボタンの大きさや形にもこだわれば、エコバッグのデザインをさらにおしゃれにすることも可能で、配布した人にも喜ばれるでしょう。

デザインにこだわって作成するオリジナルエコバッグ

企業が販促用のノベルティグッズとしてオリジナルエコバッグを作成する場合には、採用するエコバッグのデザインによって、企業のイメージも大きく変わります。使用する素材などもデザインには重要なポイントで、リサイクル素材を使用することで、環境にやさしい企業であることをアピールできます。

サイズや色などもデザインを決めるうえで検討したほうが良いことで、各種の機能を取り入れることもできます。